ホーム  >  任意売却のご相談

任意売却のご相談


任意売却とは~


住宅ローンの支払いが滞った場合に、
所有者と債権者の合意のもと、適正価格で売却すること。

任意売却とは、住宅ローンが払えない、滞納しているなどでいずれ所有不動産が競売になってしまう場合に、債権者の合意を得て、売却することを言います。
競売になると所有者の意志とは関係なく、売却されてしまいますが、任意売却はその名の通り、所有者の意志(任意)で売却することが出来るというものです。

但し、任意売却の場合、通常の不動産取引とは異なり債権者の合意が必要です。
通常の取引ならば「売主」と「買主」の間に「不動産業者」が入り仲介します。
しかし、任意の売却の場合は、「売主」と「買主」、そして「債権者(銀行等)」の間に「不動産業者」が入るということになるのです。


~任意売却のメリットは~


①市場価格で販売できるため、残債を減らすことが可能となる


任意売却は、市場価格で売却できるため、競売に比べて高額で売却することが出来ます。
残債務が減りその後の生活再建支援に繋がります。


転売目的の不動産業者が買い取るため、市場価格の2~3割程安い価格での売却となり、
残債が多く残ってしまいます。



②引っ越し費用を確保することができる。


余剰金によって、手元に引越し資金を確保することが可能です。

※案件によっては、確保できない場合もあります。



引越し費用は一切出ず、更に強制退去を命じられる場合もあります。





家族のプライバシーを守ります。


近隣に知れ渡る前に通常の売却活動
を行うため、

競売にかけられていることなどの情報を知られずに解決できます。



物件写真や競売情報などを掲載した広告が近所に知れ渡ってしまう恐れがある。
不動産業者や競売業者が下見に来ることも。

 




④ 身内の方などのご協力によっては、居住し続けられる場合も。


身内の方の協力次第では、引越しをせずに住み続けることが可能な場合もございます。
但し、ご自身のために住宅ローンを組んでくれる方(組めることが可能な方)が必要。


落札されてしまうと、立ち退きせざる終えなくなります。



ページトップへ